スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?

スティーヴン・スピルバーグ監督の狩猟がインターネットで問題視されている。
1x1.trans スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?
風刺家ジェイ・ブランスコブは、映画『ジュラシック・パーク』(1993)の撮影時にスピルバーグ監督が、トリケラトプスの美術と一緒に撮った写真を自身のFacebookに掲載し、「軽蔑すべき娯楽目的のハンターが殺したばかりのトリケラトプスの横で笑顔でポーズをとっている写真。この最低な男が誰かを世界に知らしめるために写真をシェアしましょう」とジョークを添えたところ、恐竜を殺したとネット上で大騒ぎになった。

facebookに搭載された写真
1x1.trans スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?
写真に対してのコメント
スティーヴン・スピルバーグ、あなたにはがっかりよ。あなたの映画なんて二度と観ない! 動物殺し」「人間という種族に救いはないのか?」「スティーヴン・スピルバーグは非道だ」「最低。どうせ角が欲しかっただけでしょう」「こんなことをするから恐竜がいなくなるんだよ」とジェイの冗談に乗っかったコメントであればいいが、このことを本気にしてしまった人が何人かいたようだ。

広告

過ぎた冗談

ネットの反応を大成功と受け止めたジェイは次に、スピルバーグ監督が大きなサメの頭に乗っている、映画『JAWS/ジョーズ』(1975)の撮影時の写真を掲載し、「違法にサメを殺したこの人物の正体をつきとめる手助けをしてほしい。サメは生態系に必要不可欠で、カリフォルニア沖では保護種に指定されている。この残忍な男の正体を知っている人は直ちに当局に連絡をしてほしい」と書いている。
サメの写真はトリケラトプスの時ほどの反応はなかったようだ。

なんですかこの風刺家キチガイですかね?
どういうことなのか・・・美術館や映画に写っている動物の写真をfacebookに載っけて動物殺しって・・・
冗談にしては笑えない過ぎた冗談ですよねこれは・・・
映画監督の巨匠にむけてやることじゃない
やるなら自分の写真を載っけるべきなのではないでしょうかね?
サメの写真が反応が恐竜の写真ほど反応が無かったのはユーザーも嘘っぱちであることが分かったのだろうか?
1x1.trans スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?
これは収まるのを待つしかなさそうだが、
デマを流した風刺家は何かの罪に問われないのだろうか?
業務妨害とか名誉毀損とかにならないのでしょうかね?
こんなデマに負けずいい映画を創り続けてほしいですね。

学習障害とは?

でスピルバーグ監督、実は学習障害(ディレクシア)だったみたいですね。
ディスレクシア原因で中学時代にはいじめも
スピルバーグ氏は2012年9月12日、学習障害を持つ若者向けのサイト「Friends of Quinn(フレンズ・オブ・クイン)」の独占インタビューに登場した。スピルバーグ氏は5年前に「ディスレクシア」と診断されたことを初めて明かし、学生のころ読み書きのレベルが同級生より遅れていたことについて「謎が解けた」と振り返った。
スピルバーグ氏が学生時代を過ごした1950年代には学習障害に対する知識がなく、教師には十分に勉強していないと思われることもあった、特に中学時代には多くのいじめを受けたと告白した。しかし10代初めから撮り始めた映画が心の支えになったという。
スピルバーグ氏は学習障害を持つ若者へのメッセージとして、「学習障害は思っているより一般的だ。君は一人じゃない。対処法もあるし、それが原因で人生が不利になるわけではない」と語った。
そもそもディスレクシアとはどんな障害なのか?
一般的な特徴として、音と文字をつなげる能力(音韻認識)が弱い、文字の形や構成している部分を正しく認識できない、全然読めないのではなく正確さと流暢さに問題がある、などが挙げられる。具体的には文字が動いたり、かすれたり、違う行に移動してしまうなどの見え方がある。欧米では人口の10~15%、日本でも5~8%がこの障害を持っていると言われているという。
普通の見え方
1x1.trans スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?
ディレクシアの人の見え方
1x1.trans スピルバーグ監督 恐竜殺し?宇宙人と会っていた?

対処法は個人によって様々で、見やすいフォントやサイズを使う、行間を十分空ける、色つきの透明フィルターを文字にかざすなどが考えられるそうだ。
今回のスピルバーグ氏の告白は、「同様の学習障害を抱える人々に勇気を与えるだろう」「カムアウトは本当にありがたい」「こういう障害があるって事を知るというだけでも違うよね」など、歓迎するという声が多い。一方、「スピルバーグのカミングアウトで、ディスレクシア=いじめられっこ、ディスレクシア=芸術的才能が豊か、みたいなイメージが定着したら困るな」という意見もあった。

他にもトムクルーズやキーラナイトレイ等も学習障害を告白しており、特にトムさんはディスレクシアについての理解を推奨する映画を製作したり、学習障害を持つ子どもを支援したりと、積極的に啓発活動をしている。
英語圏ではそんなに珍しくない障害のようだがそれでも苦しめられることには変わりがない。
全世界で理解者が増えると良いですね。

宇宙人と会っていた!?

スピルバーグ監督は宇宙人と会っているらしいです。
未知との遭遇、宇宙戦争、ET等宇宙関連の映画を作り始めたのが1970年代からである。
その頃には監督は会っていてそれで宇宙人の存在を世に知らしめるために創られたのが「未知との遭遇」である。
今の人間に近い作りで胴体があり、手足が2本あるグレイと呼ばれる宇宙人だ。
そして宇宙人が友好的な存在であると知らせるために作られたのがあのETであるとか。

マスコミに公表してないだけで、アメリカの政府関係者や秘密結社の人間は会っているのだとか。
さらには世界各国のトップクラスの人が集まって宇宙人の存在を認めたうえでどう彼らと関わっていくかなんて
議論まで交わされたらしい。
ケネディ大統領も宇宙人の存在を公表しようとしたために暗殺された噂まであります。
アメリカの大統領になると宇宙人に必ず会う規約まであるらしく、ケネディ大統領も例に漏れず会っていたのでしょう。
アメリカは去年から宇宙に関する情報を公開すると述べているようだが進展があったのかよく分からない。

 

これまで宇宙人が何度も人類と接触したが、米国政府が60年以上も隠蔽し続けてきた」。
この衝撃的な発言はなんと、アポロ14号の宇宙飛行士エドガー・ミッチェル (Edgar Mitchell )氏によるものであった。
 ラジオ・インタビューで、、9時間17分という最長時間の月面滞在記録を持つエドガー・ミッチェル氏(77)は、「NASA(アメリカ航空宇宙局)によって否定され続けたのだが、UFO(未確認飛行物体)が60年前から何度も地球に現れた。1947年にニューメキシコ州のロズウェル地区にUFOが墜落した事件も事実である」と強調した。
 かつて宇宙人を見たことがあるエドガー・ミッチェル氏によれば、宇宙人は「奇妙な小人」とよばれ、映画「ET」の中に登場する地球外生命体に類似し、「小さな体格に大きな頭と大きな目を持っているが、宇宙人の科学技術は地球とは比べものにならない」と述べた。
 だが、エドガー・ミッチェル氏のコメントに対して、NASAは「UFOに関する追跡調査をしたことはなく、さらに地球上または宇宙空間に地球外生命体の存在を隠蔽したことはない」として、「エドガー・ミッチェル氏は偉大な方だが、この議題に関する見解は我々と食い違っている」と述べた。

実際に見たことがあるらしい。しかもETに登場する生命体と似ているという。
スピルバーグ監督も実際見てますね。これは。地球外生命体にに会えるなんて一体どんな人物なんでしょうか。
火星移住計画なんていうのも密かに計画させてますし重大な何かを隠していますねえ。
一体どこまで本当なのでしょうね。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">