24来春上陸、止まらぬ人気 少し苦言も?

リアルタイムで進行する斬新なストーリー構成に次から次に危機が発生するスリリングな展開で、現在へと続く海外ドラマブームの礎となった海外ドラマの金字塔「24-TWENTY FOUR」。
この大ヒットドラマ待望の新シリーズ「24-TWENTY FOUR - リブ・アナザー・デイ」が、来年の春に日本上陸することがわかった。

1x1.trans 24来春上陸、止まらぬ人気 少し苦言も?

ジャックを演じるのはもちろんキーファー・サザーランド。今回もこれまで以上に役に没頭し、切れのある動きを見せている。さらに競演にはジャックの相棒として人気の高いクロエ役のメアリー・リン・ライスカブ、シーズン5でジャックの恋人だったオードリー役のキム・レイヴァー、オードリーの父親であり国務長官だったジェームズ・ヘラー役のウィリアム・ディヴェインも続投する。また新キャストには海外ドラマ「CHUCK/チャック」でヒロインを演じたイヴォンヌ・ストラホフスキーらが出演し「24」に新しい風を吹かせている。
前シーズンから4年後のロンドンが舞台で、シリーズ初の大規模な海外ロケを敢行したことでも話題となった。

広告

社会現象にまで!

また新しく24やるみたいですね!これは楽しみですなあ。
まだ全てのシーズンを見終えてないから早めに見とかねば。
1度見ると目が離せなくなる面白さがありますね!
ロンドンってキーファー・サザーランドの出身地みたいです。
何かの縁がありそうですね。
1x1.trans 24来春上陸、止まらぬ人気 少し苦言も?

その面白さにシーズンを通じてイッキ見する人が続出し、日本全国で眠れない現象が巻き起こった24。
日本ではレンタル開始日に長い行列が出来て、店舗のオープンと共にファンが殺到するなどの社会現象が巻き起こった。
全米では5月5日から放送が開始され先日最終日を迎えたばかりサマーシーズンのドラマとしては最高視聴率を記録するなど
まだまだ衰えぬ人気。日本、全米で24熱が持続していることが証明された。

複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する。
非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、
シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。スプリット画面やCMの前後などでは24時間表示のデジタル時計が登場し、ストーリー中の時刻を伝える。

あの有名なシーンですね。あれもやっていそうで誰もやっていなかった斬新なシーンでは無いでしょうか!?
まだまだ日本では「映画離れ」は起きてないようですね!アナと雪の女王もDVDが初日66万枚も売り上げたみたいですし。
映画業界は創る映画次第で売上が大きくなるからまだまだ安泰のようですね。

『24:Live Another Day(原題)』でジャック・バウアー役に返り咲くキーファー・サザーランドが、最新シリーズに懸ける意気込みと心配を語った。
テレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーに『24:Live Another Day(原題)』の共演者らと登壇したキーファー。The TV Pageによると、現在47歳のキーファーはラストシーズン終了時とは体力が違うことを痛感し、撮影に備え5ヵ月前から毎日トレーニングに励んでいるという。「持久力をつけるために、できる限りのことをしている。過酷なドラマだし、俺も若くなっていくわけじゃないからね」とキーファー。筋トレよりもランニングを重視したトレーニングを重ね、これまでの人生の中で今がベストな状態にあるそうだ。
 最新シーズンにおけるジャックについては「彼には確固たる動機がある。特定のアジェンダがあるんだ」とキーファー。ファイナルシーズン後、ジャックは追われる身として潜伏し、単独行動を続けていたため、以前に忠誠心のようなものがあったとしたら、それは今回のジャックにはないという。「特にクロエに関してはね。彼(ジャック)は散々痛い目に遭い、もう誰も信じない。そういう意味で、かつてないほど彼は難しい人間になっていると思う。番組が終了する前の数シーズンは本当にジャックを演じるのが大変だったが、今はもっと大変だ」。
4年近いブランクの後で多少プレッシャーを感じているが、再びジャックを演じることに興奮しているというキーファー。さらに難しい役どころとなったジャックの復活劇をどのように見せてくれるのか。出演キャストも続々と決まり、期待のボルテージが一気に上がりそうだ。

どうやら今回は何やら違うらしい。難しい人間になっているって一体?
ロンドンが舞台でジャックの様子も違う。
以前にジャックが衰弱しているシーンや復職を拒む場面も見たがそれとはまた違う感じなのか?

今年47歳のキーファーは、役作りのために撮影開始の5か月前からワークアウトに取り組んできたという。毎日走り込んだ後、軽めのウェイト・トレーニングを徹底的に反復するというメニューで持久力を強化したそうだ。「『24』はすごく骨の折れるシリーズだし、これから若返ることはまずないからね」と冗談めかしながら、日々の調整に余念がないようだ。今回のカムバックにあたり「エキサイティングで貴重なチャンスに恵まれたが、今はひたすら神経をすり減らしている」と、水面下の苦悩をにじませるキーファー。世界的な大ヒット作を担うプレッシャーは相当なものらしい。しかし、本シリーズは彼にとって紛れもない代表作なだけに、「自分にはジャックというキャラクターが生涯ついて回るだろうが、それを誇りに思う」ときっぱり言い切った。
ちなみにカナダ国籍のキーファーだが、実はロンドン生まれだという。ゆかりの街ロンドンでの撮影について、キーファーは「交通渋滞が多い街で、屋外ロケを多く行うため、渋滞を悪化させて住民の顰蹙を買うのは必至だ。あらかじめ謝罪したい」とロンドン市民に向けてメッセージを送った。

すごいですね。キーファー・サザーランドと言えば24のジャックバウアーにもうすでになっているのだから。
プレッシャーを感じながら体力作りを行い役作りに励んでいる様子。
今までのシリーズもかなり体力を消耗しそうなくらい激しいアクションだが、今作の撮影時は47歳と体力は厳しいものがありそうだが影の努力が実りいい映画になることを期待します。

拷問するシーンに苦言

24ではよくジャックがテロリストに拷問するシーンがありますが、少し問題視する意見も出ているようです。

人気作家のスティーヴン・キングは『24』のファンであると認めた上で、「『24』には、『もし非常事態になれば、私たちは誰でも拷問していい。国を守るためなら、私たちは拷問をする義務がある。やったね!』と思わせるようなサブテキストがある。」と批判した。
2006年11月に、アメリカ陸軍士官学校学部長で陸軍准将でもあるパトリック・フィネガンは、陸軍とFBIの尋問官3人と共に撮影現場に赴き、国家の安全のためには、アメリカの法を蔑ろにしても構わないというドラマの前提は有害である、と番組制作者に意見した。

大物作家と軍の偉い人がやむを得ない事情があれば拷問してもいいとするのはナンセンスだと。
向こうの法律や犯罪者の扱い方がよく分かりませんがあまり日本と変わらないのしれませんね。
まあドラマや映画の中だけに留めて欲しいですね。
そこを差し引いても面白いって事ですね。スティーブンキングはファンだと認めてますからね。

さて来春までに全て見ておかねば・・・!!
今後の彼の活躍を期待しつつ、他のレギュラー陣も頑張ってほしいものです。
特にクロエとのやりとりは妙に気に入ってるもので楽しみです。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">