bump of chicken新木場でワンマンライブ! 人気曲

BUMP OF CHICKENが昨日7月15日に東京 新木場STUDIO COASTにて、最新アルバム『RAY』購入者限定ワンマンライブ<Live at STUDIO COAST>を開催。プレミアチケットを入手できたファン2400人を大いに沸かせた。

1x1.trans bump of chicken新木場でワンマンライブ! 人気曲

現在、約4カ月にわたる全国ツアー<BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014”>を開催中のBUMP OF CHICKEN。全国各地で名演を繰り広げてきたメンバー4人は、この日も好調な様子を見せ、「虹を待つ人」、「ray」といったアルバム『RAY』からの楽曲はもちろん、新旧織り交ぜた幅広いセットリストでフロアを熱狂させ、歓喜の渦へと導いた。この新木場公演は、3月31日の開催を予定していたが、藤原基央(Vo,&G)の肺気胸発症により延期となっていた。そんな新木場でのライブをやっとできることの喜びを、MCでは直井由文(B)が代表して「超お待たせ! 本当に会いたかったです」と届けた。

広告


4ヶ月に渡るツアーを開催中だったのですね。その途中で病気になり延期したと。

数々のサプライズ

ライブ中盤に藤原基央(Vo, G)が「めちゃくちゃ久しぶりの曲演ってもいいですか?」と告げ「メロディーフラッグ」を演奏したりと、プレミアム感あふれるステージが惜しみなく繰り広げられた。
そしてこの日は、アンコールとして2曲を披露し、メンバーが舞台袖に姿を消しても藤原1人がステージセンターでギターをかき鳴らしダブルアンコールに応えるというサプライズが。
さらに一度全員がステージを降りたにもかかわらず、三たび舞い戻り「DANNY」を演奏するという、この上ないプレゼントが贈られてスペシャルライブに幕が下ろされた。
BUMP OF CHICKENはこのあと7月31日にツアーファイナル「WILLPOLIS 2014 FINAL」を東京・東京ドームにて実施。翌日8月1日には、ツアー中に書き上げられた新曲「You were here」を配信限定シングルとして発表する。また来週末7月25日には、テレビ朝日系「ミュージックステーション3時間SP 真夏の最強ライブ」に出演し、地上波初パフォーマンスを披露する。

珍しい地上波

ファンも当人も大喜びのライブだったんですね!
藤原氏の病気で延期になってたみたいで。
メロディーフラッグは私も一時期よく聴いてました。
待ちわびてたライブ。色々なサプライズまで行い、会場を沸かせた。
本当に嬉しかったんでしょうね。こういう時結束感が強くなりそうだからいつにも増して白熱したでしょうね。
いやー行ってみたかったなぁ・・・これは残念です。

1x1.trans bump of chicken新木場でワンマンライブ! 人気曲
Mステにも出演するみたいですが地上波の番組で出るの珍しいですね。普段テレビに出てないですよね。
以前何かのインタビューで「ルックスで音楽性を評価されたくないから」って発言されてましたが
大丈夫なんでしょうかね?
テレビでbumpを見れるのは嬉しいのですが、それによって、何かが変わっていかなければ良いですが・・・
音楽性はそのままでいてほしいところです。
音楽性が売れ線ばかり創るようになってしまったアーティストもいるみたいなので。
新しいファン層が出来て、昔からのファンが離れていくっていう。
いかに同じスタイルを維持するのが難しいかがよく分かりますね。

バンバン宣伝している某レコード会社とは対照的ですね。
最近の曲ってどうも印象に残らない感じがしますよ。
量産型っぽい曲が増えている、工場みたく大量生産されちゃ音楽業界の先が知れてくる。
最近は顔だったりプロモーション力で売っているのかもしれない。売れれば良いと考えて。
そんな曲でも涙したり元気づけられたりすることもあるでしょうから、良い悪いの判断は出来ないが、単純に似たような曲多くね?って話。コンビニミュージックばかり創ってどないすんねんと。
リスナーも飽きないんですかね?同じようなのは飽きられる可能性が高いと思っていたがそうでもないのかな?
bumpには量産型になってもらいたくないな。
この活きている業界を支えてて欲しいものです。
音楽業界まで資本主義になってほしくないので。

ファン層

オリコン集計におけるアーティスト・トータルセールス(CD総売上)は約764万枚(2012年5月時点
オリコンが2006年に行った調査「06’好きなアーティストランキング」では総合で10位以内に入っていないものの、世代別の10代に於いて第2位(10代男性は1位、10代女性は5位)を獲得している。また、同じ2012年に行った調査では、10代は6位、20代では10位にランクインしている。
そういえば中学の時の同級生もbumpを聴いてる奴いたなぁ・・・私も聴いてましたが。
軽く流行りみたくなってたな。20代、30代に人気があるんですね。

有名人のファンも

同じミュージシャンからは、Mr.Childrenの桜井和寿やコブクロの小渕健太郎、MAN WITH A MISSIONのジャンケン・ジョニー等が熱心なファンであることを公言している。特に桜井は、同バンドの楽曲をプライベートでも熱心に聴いたり歌ったりしており、『僕らの音楽』(フジテレビ)番組内で「メンバーに入りたい」と発言、「ラッキーラクーン」31号では楽曲を「太宰治レベルの芸術」としている。また、2000年代を総括するという雑誌のインタビューでは、2000年代で最も印象的だった楽曲として「ロストマン」を挙げた。
また、宇宙飛行士の野口聡一、フィギュアスケート選手の羽生結弦、ドラえもんの声優である水田わさびもBUMP OF CHICKENのリスナーとして知られている。

有名人にもファンがいるんですね!さすがです。
いい仕事してますねぇ・・・

人気曲

天体観測、カルマ、車輪の唄
Sailing day,supernova
K、ギルドこのあたりが目立つ。
やはりヒット曲とかタイアップ曲が多い傾向があります。
Jupiter~ユグドラシルあたりの曲が多いですね。
ギルドが入ってるのは少し意外だが、・・・一時期はまった時期はある。
この曲は暗めで重厚で曲で歌詞も暗め。歌詞から想像するに、主人公が引きこもりで生ける屍っぽい。
世の中に絶望しているような何の望みもなくもう自殺するんじゃないかという感じの。
だが、何かこう考えさせられるような、胸に突き刺さるような何かがあります。

「汚れちゃったのはどっちだ?世界か自分の方か?いずれにせよその瞳は開けるべきなんだよ」
「思い出したんだ色んなことを向き合えるかなたくさんの眩しさと」
「その場しのぎで笑って鏡の前で泣いて、当たり前だろう隠してるから気づかれないんだよ」

この状況だからこそ生きてくる言葉のような気がする。
適当に言っているのではない、懸命に生きて、考え抜いて出てきた言葉のような気がしますよ。
bumpの曲って哲学的なものがあってそれでいて分かりやすく伝えてくれる・・そのへんが魅力の1つになっているのかもしれませんね。
個人的にはホリデイと乗車権がおすすめです。
ホリデイはまったりしたポップ調 少し現実逃避っぽい歌。
乗車権は重厚でテンポが速い。人生の進路についての歌シャウトしてます。

ライブも行きたいし、最近あまり聞いてなかったから久しぶりに聴くか・・・

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">