電気グルーウ” 25周年記念ライブ シャングリラだけの一発屋?

祝25周年!電気グルーヴ
電気グルーヴが7月14日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて、結成25周年およびLIQUIDROOMの移転10周年を記念してワンマンライブを実施した。
キャッチーなメロディとシュールな歌詞のギャップが魅力の「もぐらたたきのような人」「コテンパン」などを朗々と歌い上げる。町のシュールで味わいのあるパフォーマンスに観客は喝采を送り、主役の登場を心待ちにした。
フロアが揺れる中で始まった電気グルーヴのライブ。サポートのagraphこと牛尾憲輔を含め全員が25周年ロゴを印刷したシャツを着込み、アニバーサリーをアピールする。そして「こんにちは電気グルーヴでーす!」というメンバーの威勢のいい挨拶を機に投下されたのは、2000年に発表されたアルバム「VOXXX」より「ハロー!ミスターモンキーマジックオーケストラ」だった。
1x1.trans 電気グルーウ” 25周年記念ライブ シャングリラだけの一発屋?

広告

塗糞祭

ライブ以上に白熱していたのが、石野の独断場とも言えるMC。「こんばんは。電気、電気、電気グルーヴでございます」と茶目っ気たっぷりの挨拶から始まったMCパートだったが、石野が瀧を容赦なくいじり倒したり、「20周年ライブのとき、イヤっていうほどしゃべったら客が引いちゃって。アンコール起きなかったから!」と5年前の20周年ライブを振り返ったりとマシンガントークを繰り広げる。また「フェスとかイベントが多かったから普段やらない曲もやります」と宣言し、このあとに続くパフォーマンスへの期待を煽った。
今年は25周年という商売を思い付きまして(笑)。秋にツアーをやります」と石野がツアーの開催を告知すると、瀧が唐突に「わーわー!」と大声で叫び出す。石野は「大きな声出して、デカイ顔して、実は何もしてない!」と瀧にツッコミを入れつつ、「最もいいツアータイトルなんで」と瀧にMCのバトンを渡した。しかし瀧が「塗糞祭(とふんさい)です!」と誇らしげに発表するも、観客はきょとんとした表情を浮かべる。瀧は「糞を塗ると書いて『塗糞祭』! 知らないの『塗糞祭』?」とふんぞり返り、石野は「25年やってると、うんこも宗教的な感じで神聖になってくる」と持論を展開した。

1x1.trans 電気グルーウ” 25周年記念ライブ シャングリラだけの一発屋?

塗糞祭のツアーの日程である。
2014年10月29日(水)大阪府 Zepp Namba
2014年10月30日(木)愛知県 Zepp Nagoya
2014年11月7日(金)東京都 Zepp Tokyo
2014年11月8日(土)東京都 Zepp Tokyo

電気グルーウ”は聴いた事が無かったが面白そうですね。1回聴いてみますわ。
MC大変そうですね。ミュージシャンはトークも上手くないとやっていけないんだろうか?
歌を演奏して、歌ってればいいわけじゃないのか。巧みに盛り上げるトーク力もヴォーカルには必要不可欠か。

観客が3人しかいない!?

電気グルーウ”でこんな遊び話が。
3月12日にお台場・Zepp DiverCityにて行われた電気グルーヴのライブが、なんと「観客が3人しかいなかった(しかも1人はピエール瀧の奥さん)」とTwitterで話題になっています。
 若者の音楽離れが進んでいるとは聞いていたものの、まさかそこまで深刻だったとは……。ツイートが広まるにつれ、「えっどういうこと?」など、困惑する声も続々と書き込まれました。
「観客よりスタッフが多いとは」「それでもライブやるんだなと思った」「『明日も演るけど大丈夫かな?』って言ってる」など、中にはツアーの動員を心配をする声も。
 ほかにも大勢のお客さんから「3人だった」「最高に楽しかったけど観客は3人だった」「お客さんが3人でびっくり」「非常に盛り上がりましたが、なぜか客は3人でした。うち一人はピエール瀧の奥様でした」といった証言が続々とあがっています
音楽離れもここまで進んでいたのか・・・
が、実はこれ、どうやら観客ぐるみで仕掛けた壮大なウソだった模様。タネを知ってしまえばいかにも電気グルーヴらしいお遊びなのですが、あまりにも見事すぎるお客さんたちの連携プレーに、一瞬とはいえ信じてしまった人も多かったようです。

1種の洗脳のようなプレーをwガチで信じ込んでしまった。
音楽離れもここまで来たのかとつい思ってしまった。こんな体験した事がないのではないか?
電気グルーウ”はカルト教団に入っても成功していたかもしれない。
独自のカリスマ性で皆を1つにまとめる。ライブ観に行きたくなってくるな。

シャングリラだけの一発屋とか言われてるらしい。
あまり有名じゃないのか、メディアにもそんなに出ていない感じである。
15年ぐらい前にレギュラー番組があり、2009年にオンタマに1週間出てたくらい。
知名度はあまりないかもしれないですね。
なんかもったいなあ。見た感じかなり面白そうなユニットなのに。
隠れた名曲は数多くあるんだろうけどシャングリラに埋もれてしまっている状態ですね。

某サイトより。

Q、シャングリラしか知らないんですが、電気グルーヴって一発屋と言う認識で宜しいんでしょうか。
A1、自分は電気グルーウ゛好きでアルバム持ってるんですが、他にも素敵な曲はありますよ。
ただ世間的には一発屋に見えるかもしれませんね。残念なことですが。

A2色んなシングルありますけど・・・
カラオケで歌えちゃう万人受けするような曲は
シャングリラが有名ですよね。歌番組もたくさん出てましたし。
そういう点から見たら一発屋って言われちゃうかもしれませんが。
良い曲いっぱいありますので、ぜひアルバムを聴いてみてください。

万人受けする曲が無いのか。。。そんな変な歌ばかり創ってるのかw
私はそういう穴場的なの好きなんですがね。
youtubeで何曲か聞いてみたが確かに大衆受けする感じではない、リズム感はよくてノリノリになりますね。
歌詞あるのか?石野さん歌ってますか?ほとんどメロディだけで終わってる気がするんですけど・・・
歌が聞き取りにくいのもあった。うーん・・・
メロディ、リズム感はOK!なのだが私は合わないかもしれない。
聴く人を選ぶ感じですね。好き嫌い別れる感じである。
メディアに出演せず、通好みな楽曲が売れてるからファンがけっこういるんだな。
創りたいように曲やPVを創ってる感じはインディーズっぽくも見える。
とても面白いです。

いきなりだけど、”電気グルーヴ”はもっと評価されていい気がする。
電子音楽で作る最先端サウンドに乗せて「超」おバカな歌詞を連発。
変なオジサン達が作る唯一無尽の繊細なGROOVE、これを聞いて踊らない人無し 笑

踊りたくなってくる感覚はありますね。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">