小松美羽はハーフ顔。彼氏や結婚より創作へ!狛犬販売はぼろい商売。

顔がきれいで惚れ惚れしちゃいました。
見ていていろんな作品が出てきたんですけど、
やっぱり美人だと、結婚してるのか彼氏いるのか
外国に行って生活してたのかどうか探ってみたいと思います
作品が色々あって奇抜なのもあって買えるのか気になりますよね。

実際見てみたところ、販売してるサイトがあるみたいですが、
現在は好評で全部売り切れちゃってるみたいですね。
アマゾンで作品を見てみたところ、とっても独創的で
異次元な物を描いているので、
こういう独創的な物が書けるのは
子供の頃から、色んな珍しいものに触れたり、どきどきわくわくする経験を積み重ねているから
こういう絵が掛けるんだと納得しました。

子供の頃から芸術が好きで、毎日毎日絵を描いてばかりいました。
中学高校の時から絵を描き続けていたのですが、
この頃から自分が周りとは違うなという意識を持ち始めていて
それで友達ともあまり付き合わなかったりとか、人間関係を構築することはあまりなく
むしろ自分の思いを絵や芸術作品として表現していたようです。

1x1.trans 小松美羽はハーフ顔。彼氏や結婚より創作へ!狛犬販売はぼろい商売。

小さい頃の生い立ちといえば、ハーフで外国に行ったと言われていますが、
名前がめちゃくちゃ日本人だし、小松さん本人も日本人だと言ってる様だし
外国に行ってるのは嘘なようですね。
ただ凛々しい顔や雰囲気がとっても外人に見えるのでそういううわさが流れたみたいです。

年齢は1984年12月29日 31才で、さんには沢ちゃんという妹がいて、お姉さんに負けず劣らず美人なようです。
松美羽さんの銅版画の手法は腐食銅版画法という技法を使っているようです。

腐食銅版画法とは銅板の表面を防食剤でおおい凹状にする部分の銅板のみを露出させ
その部分を腐食させて原版を作る方法だそうです。
短大の時にこの方法を習い魅せられたようです。
版画家というので作品は版画が多いのかと思いましたが表紙絵や挿絵、

オリジナル詩画集など画家のような感じの作品が多いように思えました。
2012年地元で「画家 小松美羽ふるさと坂城を描く~神 ねずみと唐ねこさま~」と
いう個展を開いているようですので画家というか銅版画家というかそんな感じだと思います。

広告

顔が美しいからいたるところで取り上げられました。
やはりこういう作品というのは自分の能力もありますが
どんな人が創ったか非常に評価されるポイントで
美女がこんなにすごい作品を作ったということでどんどん注目を集めています
現在どれほど注目を集めているかというと
世界最大の博物館イギリスダイエー博物館に、自分の作品の狛犬が展示されるまでの大物画家に成長しています。
狛犬って普通の犬よりも凛々しくてかっこいいし、昔の地獄みたいな感じでおどおどしい感じがして怖い印象がありますが
かわいらしい部分もあります。

実際に毎年開催されているフリックス・カーソン2013では日本代表として選出され
世界ファイナリスト39人にノミネートされ、パリのプティパレ美術館に特別企画展示されるほどの実力です。
実際の値段は49日という作品が20万、1年戦争の終結が10万円、こんなのが何枚も刷れてしまうので
はっきり言えばぼろもうけな職業だなと感じます

実際見てみると色使いがとても印象的でジェネレーションリーダーみたいな感じを受けます。
これだけすばらしい能力を持っていて、こんなにも美しい絵を創作できるのでかなりのお金を稼いでいるでしょうから
自身の生活もかなり裕福なものと考えられます。
ただし、交友関係的には芸術家という人とあまり関わらない仕事をしていて、性格も独創的なため
飲み会とか人が集まるところにはあまり積極的には参加しないと思われます。
発言もかなり不思議で周りを惑わせるようなことばかり言っているので、
人付き合いも苦手だし、ましてや結婚には興味が無いと思われます。
こんな美人なのに才能豊かなのに少しもったいない気がしますが、その分芸術活動に精を出して
もっと良いものを作り出してほしいですね。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">