宮原知子 歯科矯正の演技への影響。開始時期について。

宮原知子は天才フィギュアスケーターですね。見ていて気になる部分と言えば、歯ですよね。このことについて少し掘り下げて行きたいと思います。

生年月日:1998年3月26日(17歳)
出身地:京都市
身長:147 cm
1x1.trans 宮原知子 歯科矯正の演技への影響。開始時期について。

となっていますが、まだ現在17歳。普通だったら、高校に通っています。そして、年頃だし、顔のことも気になる年齢ですよね。それもそうで、実は歯並びをとても気にしているらしく、矯正治療に精を出しているとか。

フィギュアトップを射止める実力の陰に

浅田真央をぬいてトップを射止める実力があるので相当努力したんでしょうが、綺麗さの努力についても言及していきましょう。実際のところ、テレビ放送をみて歯の矯正器具がついているな~と思った人は多いと思います。この年頃だったらやっぱり矯正治療しているひと多いですよね。書いている私でさえも、ちょうど二十歳のころに矯正治療を受けました。あれって4年以上かかるんですよね。大変でした(笑)

広告

ではなぜ、この宮原知子ちゃんがこんなにもずっと歯の矯正器具をつけている場面が多いのかについて。普通だったら、1年ぐらいで終わらせたいっていう部分が多いと思います。しかし、私のように長くかけるひともいる。歯の構造上、たくさん動かさなくちゃいけなかったり、あるいは少しずつ慎重に治療を行う場合は治療期間が長くなるようです。とうの宮原知子ちゃんはフィギュアスケートの練習がかかせませんから、体をよく動かしますし、ジャンプなどのときには歯にものすごいストレスがかかることになります。これがひとつのポイントで、矯正治療も慎重に行わないと歯並びがきちんとならないと言われるゆえんなのです。

歯列矯正の内容

実際の歯科矯正の治療内容について、開始時期は15歳頃からなはずです。最初のころはワイヤー矯正治療をずっとされていましたね。顔の割にあごが大きく、歯もよく成長しています。これをうまい歯並びにするためにワイヤー矯正はとても役に立ちました。そして、土台のブラケットはセラミックを使っています。これも、強度は弱いものの、体にかかる負担が少なく、競技者向けですし、色もあまり目立たないので若い女性はセラミックを選ぶ確率が高いです。

実際の競技を思い浮かべていただければわかりますが、歯のかみ合わせって思った以上にジャンプをするのに重要なわけです。繊細な動作なだけにちょっとした力の入り具合によってバランスをくずしたり、飛距離が伸びなかったりするのです。すると、当然、歯の治療もなるべく若い頃から、負担をかけないように少しずつ治療期間を長くして治療する。という結論に至るわけです。そして、フィギュアスケートは美しさを競うというような面もありますから、白く美しく整った歯をめざして、毎日努力しているという見方ができるわけです。

スポーツ選手から芸能人になるひとも増えている通り、顔の美しさは現代では非常に重要です。オグシオの塩田選手なんていい例ですよね。テニスのひとも結構アナウンサーになったりしていますね。めちゃくちゃ美人でかわいい宮原知子ちゃんは将来有望な芸能人だし、いまは美人フィギュアスケーターです。なによりも努力、何事においてもですよ。すごいですよね。見習いたいですね!

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">