老婆と評される吉川ひなの(35)くびれの秘訣と旦那との支え合い。

外国が好きな芸能人はとても多いのですが、吉川ひなのさんもいろいろな海外に行ってましたね。そのなかでもハワイが大のお気に入り。2011年に結婚したのち、2012年年に出産。ハワイに拠点を置きながら、日本での仕事のたびに日本に戻ってくるという生活を送っていました。ハワイ移住の理由は、子どもが生まれてその子どもとゆっくりハワイで過ごしたかったからだそうです。

老婆の様だと言われる写真とは
そんな楽しい生活に浮かれている吉川ひなのさんですが、ほんわか気分の写真をふとアップしたところ、それが大きな波紋を呼ぶことに。ハワイ生活の様子をインスタグラムにアップしたわけですが、その水着姿が少しやばかった模様。

1x1.trans 老婆と評される吉川ひなの(35)くびれの秘訣と旦那との支え合い。

水着の写真に対して、痩せすぎ、ガリガリ、老婆のようだと批判的な声もあれば、完璧、美ボディ、くびれがすごい、などと絶賛する声もありました。

実際の写真をみれば分かる通り、老婆ではありませんし、かなりスタイルが良く綺麗な美ボディであることがわかります。ただし、年齢が35歳ということで、おばさんと言われる年齢であることは確か。ただし、老婆と呼ばれるようなものではないので、老婆と表現したひとの中にはなにか別の意味合いがあった模様です。まず、ハワイで悠々自適の生活をしている吉川ひなのさんですが、この悠々自適な生活、もちろん子育てもしながら優雅にすごすのはあこがれますよね。それに対する嫉妬がかなりあったのだと思います。子育て最中で仕事におわれ自分の食生活や体のことまでかまっていられないひとが多いですからね。

そんななかでも、優雅に過ごす、そしてスタイルがいい、仕事もたまにする程度、というのはかなり苛つきます。その妬みを直接は口にせずとも老婆だという風な発言になったのではないでしょうか。ただ、やはり年齢は35歳なのでしわはありますよ。ただし、20代の時に残した経歴がいまの吉川ひなのさんを助けているのかと思うとさすが~と思うところもありますよね。

美ボディは日頃の鍛錬のおかげ

35歳と言えば羊水が腐り妊娠出産もまずい時期、体は基礎代謝が低くなりぽっちゃりとした体型になる時期のはずです。それなのに、なぜのほほんと悠々自適に暮らしている吉川ひなのさんのスタイルはくびれが有りスタイル抜群なのでしょうか。実はこれ、毎日欠かさずヨガやストレッチ、筋トレに励み体力作りや筋肉をつけることを意識しているとのこと。さらに、食生活にもこだわっていて、食事はオーガニックにこだわり、野菜中心の食生活を送っているようです。子どものおやつも手作りだとか。

くびれの秘訣と足が課題

ジムでのトレーニングは本格的なもので、大きな専用の器械を使い何十キロものウェイトを上げるという。2013年にファイアbyルブタンの試写イベントでの話しによると、下半身が課題という。上半身は見ての通りすごく引き締まっているし、痩せやすい体質な模様。逆に女性は特にそうなのですが、下半身の脂肪がつきやすく、足がむくみやすい体質なので下半身をいかに綺麗に見せるかが分かれ道となるようだ。もちろん、筋トレだけじゃなくてむくみをとるのに代謝をよくするためにお水とたくさん飲んだ後は動いて発散させています。というコメントも。

くびれの秘訣はどこにあるのでしょうか?吉川ひなのさんいわく、自分はもともと上半身は痩せやすいから気にしてはいないですが、腹筋トレーニングの場合なるべくいろいろな方面を鍛えるように工夫しているのだとか。

ハードトレーニングを支える旦那、保科爵介

なぜ、これほどまでにきっちりと徹底したトレーニングを行うことができるのか。それは2011年に結婚した夫に隠されているという。旦那は保科爵介(ほしなたかすけ)さんでこれがかなりの曰く付きな人物。ひなのさんよりも5歳年上の会社経営者。実はこの方、もと関東連合のOBで悪いこともいっぱいやっているんだとか。前科ももちろんあり、いろいろなところでトラブルを起こしているという。さて、そんな旦那の保科爵介さんですが、以外にもそういう問題ごとが多いことで自分の体をきちんと鍛えておくことはしている模様。ジムに通い筋トレはお手の物。その努力は結婚しても変わらず、ハワイ生活にまで受け継がれている。当の吉川ひなのさんも旦那のそんな姿に刺激され、よいアドバイスを貰いつつジムでの筋トレに精を出している。彼女の腹筋がすごくてくびれがかっこいいのもうなづけますね。こんなにも夫婦で支え合いしているのはとってもほほえましいです。もちろんそれがいい形でほんわかしたビーチでの水着姿になっているんでしょうね。

広告


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">